診療案内 施設紹介 スタッフ お知らせ アクセス 採用情報 リンク
   
 
top

病院からのお知らせです。

 
「マイクロチップのすすめ」(2010.1.1)
マイクロチップというものをご存知ですか?
近年普及も進んできていますので、耳にされたことがあるかもしれませんが、マイクロチップはペットの皮下に埋め込み、それぞれが持つ固有のID番号をリーダーで読み取ることでどんなときもその子が自分のペットであることを確実に証明できるものです。

「皮下への埋め込み」と聞くと手術のようなことが必要ではと思われがちですが、マイクロチップは太めの注射のような器具で簡単に装着することが出来ます。たいていの場合、麻酔や鎮静剤なども使う必要はありませんが、避妊や去勢手術などの機会に一緒にされる方も多いです。
一度埋め込んでしまえば、壊れたり外れたりすることも無く、データの改ざんも出来ません。地震などの災害時、迷子や逃走時、不慮の事故に見舞われた場合など、保護された際に身元を確認でき、飼い主の元に戻ってくる可能性を高めます。実際、阪神大震災のときには、震災の混乱から飼い主とはぐれてしまったペットのほとんどが個体識別ができず、飼い主が分からなかったという辛い経験があり、兵庫県では積極的にマイクロチップの装着が推進されているそうです。

また、当院で採用しているマイクロチップは体温測定機能もついているので、肛門から体温計を入れての体温測定が苦手な子にはストレス無く体温測定が出来るようになります。
マイクロチップはいざというときの安心のために欠かせない新しいシステムでもあり、”一生涯一緒にいよう”という飼い主としての責任や愛情のかたちのひとつでもあります。

飼い主とペットの絆を守るマイクロチップ、大切な家族のためにぜひ考えてみてあげてください。